SSブログ

相続の話し合いの参加者を決めるときは慎重に [遺産分割協議・相続の話し合い]


相続の話し合いをする。

誰が参加できるだろう?
誰を参加させればいいんだろう?


難しい問題です。



ただ、一般的に相続の話し合いは、相続人の話し合い。

つまり、相続人が参加するということになります。




しかし、、、、そうならないことも多いです。


相続人の配偶者や子供、弁護士。

遠い親戚・・・なんてことも。



ただ、人数が多くなればなるほど、話し合いが難しくなる。
相続人以外の人を参加させたことにより、争いになってしまうことも多いです。


相続人は納得しているのに、その配偶者が権利を主張する・・・
困った状況になります。


しかし、相続人以外の人がいた方が、冷静に話がまとまる場合もある。



難しい問題です。


その家族の状況によって決めていただくしかありません。



参加者は慎重に決める。

それしかないと思います。




リンク
 きただ司法書士事務所 
    相続の話し合いは“少しずつ“進めていこう

ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 https://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。